疲れた体をどうやってリフレッシュする?

スムーズに疲れを取るには?

沢山眠れる時に寝て、それが貯金のように体に貯めれたら、いいのに、なんて思いますよね。
でも残念ながら睡眠は、その時その時のもの。たまって蓄積されていくのは疲れの方です。
あれ?なにか体がいつもと違うぞ、と感じたら、それは疲れがたまっているサイン。
リフレッシュして体を元気にする必要があります。
疲れは体だけではなく、実は脳も疲れているというのが医学的に分かってきています。
良質な睡眠をとる、栄養をしっかりと食事で摂る、体を温めてリラックスする、マッサージをする、などが効果的です。
心身共にリフレッシュする事が一番の近道になります。
脳も体も連動しているので、心地のいいことを優先的にしていきましょう。
気持ちがよくて体にも最適な、エステは大いに役立ちそうです。

夏の疲れは引きずらないのが鉄則

夏の疲れをひきずったまま秋をむかえてしまうと、とてもしんどいです。
いつまでもダルさがとれない、すぐ疲れる、ぐっすり眠れないなど、すっきりしない日々を送る事になりかねません。
冷えやめまい、食欲不振、胃腸の不調、髪の毛がぱさつく、など改善されないものがあったら要注意です。
いわゆる夏バテはミネラルの不足が大きな原因のひとつです。
トータル的に補給するようにしましょう。
エネルギーの代謝にもかかせないビタミンB群、こちらも積極的に取り入れていきましょう。
食事が難しい場合は、サプリメントもオススメです。
自律神経の乱れを改善するのに、ゆっくりお風呂につかり体を温め体の中から整えていきましょう。
エアコンにさらされる夏はおもったより体に冷えがきているものです。


B!