暑い季節から一気に肌寒い季節に

夏は真っ青な空に、ジリジリと熱い太陽がてりつけて、それはそれで、気分爽快、なんだかテンションも高めになるものです。
実際に楽しいレジャーがいっぱい。
プールや海、野外ライブなど、アウトドアな遊びが楽しい季節です。
でも近年の熱さは時として耐えられないほど、外に出て遊ぶのが危ないくらいの気温にもなります。
暑すぎるのに、室内に入るとキンキンに冷えたエアコンの場所が多く、一日に気温の変化のある所に何回か遭遇します。
暑いから、食べるもの、飲むもの、知らぬ間に体を冷やすものばかり取り入れていたり。
紫外線をあびた体に、温度差の激しい場所に、体を冷やしてしまう食べ物。
夏の終わりごろから、酷使したツケのようにどっと疲れが出てきてしまうのです。
夏の疲れは意外とやっかいです。
内臓が冷え、自律神経の乱れ、紫外線の影響でお肌にシミやシワも増えたりと、夏のダメージは色々なところに出てきてしまうのです。
うっかり日焼けしてしまった、もしくは日焼けが好きで焼いてみた、など肌が綺麗に焼けていたりもするでしょう。
秋口になりますと、こうした夏のダメージが一気に出てきます。
汗をかくから意外に気づきにくいのですが、夏の肌は乾燥しているものです。
感想と日焼けが重なり、ダメージも大きくなります。
そんな体を癒してリフレッシュしてくれるのがエステです。
十分な水分を養って、シミを作らないように代謝を促すマッサージ、夏の肌の疲れは寒い季節まで持ち込まない、が正解です。